株を保有していると企業によっては株主優待をもらうことができますが、あまり使用目的のないものをもらっても扱いに困ると思っている人も多いのではないでしょうか。
企業として魅力があるから投資をしているけれど、株主優待には興味がないという人がいる一方で企業のことは良くわからないけれど、株主優待が魅力的だから株を保有しているという人もいるものです。

そこで、少しでも有利に投資をしたいというのであれば、優待の価値もしっかり把握しておくことが重要で特に換金性の高いものであれば、上手に現金化することによって実質的な利回りを高めることができます。
株主優待には優待券のように換金しやすいものがありますが、そのような優待券をもらうことができる企業に投資をする場合には優待券の月平均の買い取り額もチェックしておくと良いでしょう。
優待に興味があればそのまま使ってしまえばよいだけの話ですし、興味が無いというのであれば換金をしてしまうという方法があります。
そこで月平均の買い取り額をチェックしておけば、優待の価値がどのぐらいあるのかということを判断することができ、それを元にして投資を行うことができるので運用成績を向上させることもできるのです。
月平均の買い取り額を参考にする時に抑えておきたいポイントは、優待が配布された後というのは供給が上回りやすいので、買取り額も下がりやすい傾向にあります。
そのため、優待が配布された時期の買い取り額がどのぐらいの金額になっているのかということをチェックしておけば、それを考慮に入れた投資をすることができるので、優待に興味があるないに関わらず優待の価値というのは知っておいて損はないのです。