株は大事な資産を運用するひとつの方法ですが、特に最近は株主優待に着目して投資を行う人が増えてきました。
近年、ネット環境の普及や手数料が格安のネット証券会社が広まってきたこともあり、株式投資に対するハードルが低くなったのも一因となり日常生活で役に立つ株主優待を求めて投資をするというのも、ひとつの株式投資のあり方となりつつあります。

株主優待として人気のある銘柄というのはいくつかありますが、阪急阪神ホールディングスのように共通回数カードをもらうことができる銘柄というのは普段の生活の中で、消費をすることができるものだけに人気の高いものとなっています。
特に関西圏で生活する人などは日常的によく利用することも多いだけに、業績も安定している阪急阪神ホールディングスが人気銘柄となっているのです。
それでは近くに阪神阪急電鉄がない地域の人にとって、魅力のない銘柄かというとそのようなこともなく、業績が安定していて右肩上がりの株価となっていますから、投資対象として純粋に魅力的なものでありそれに加えて株主優待でもらうことができる共通回数カードも換金性の高いものとなっているので、実質的な利回りが高いものとなっているため自ら利用せずとも換金をすることができるという利点があるため、人気のある優待となっているのです。

そのため、株主優待を目的として投資をしているわけではない人であっても、優待の換金性を考慮して利回りが高いと判断をすれば投資をすることになるので、優待がある銘柄というのは優待を目的として投資をする人からそうでない人まで、優待のことを考慮に入れて投資をすることになるため、株価の下支えにもつながりやすく下落のリスクが少ないのも魅力の一つとなっています。